DTP制作会社

レシピ本や生活実用書を出版したい

レシピやクラフト、ハウツー本を商業出版したい人向けに出版企画書の書き方や出版社への売り込み方法をお教えします。

*

著者に必ず求められる“実績”

   

著者として、絶対に求められるのが“実績”です。
出版してステージを上げたいという方はたくさんいらっしゃいますが、違いますよ。
ステージが上がったから出版できるのです。
だって、読者の気持ちになって考えたら当たり前ですよね。
どうにもなってない人の本より、どうにかなった人の本の方が読みたいと思いますもんね。
なので、“実績”が必要なんです。
そうでなければ、お金を出して本を買ってくれる読者に失礼だと思いませんか?

では、その実績ですが、何をもって“実績”と言えるのでしょうか?

そのひとつが、効果です。
そのノウハウで、誰が、どのくらいの期間で、どうなったのか、これが一番のポイントです。
よくあるのが、「潰れそうな会社が、たった三ヵ月でV字回復をして、売上を150%増になった」みたいなのですね。
これはハウツーでも同じです、「初心者でも10分間でこんな料理を作れるようになった」、これも実績と言えますからね。
そして、ここで実績を際立たせるのが、「これだけで」「これをするだけで」という言い回しを追加するということ。
例えば、「潰れそうな会社が、たった三ヵ月でV字回復をして、売上を150%増になった」なら、「潰れそうな会社が、“毎日通帳を見るだけで”たった三ヵ月でV字回復をして、売上を150%増になった」とか、「初心者でも10分間で、“包丁の持ち方を変えるだけで”こんな料理を作れるようになった」となります。
どうですか?
何となく、より凄そうに見えませんか(笑)

もうひとつが、人気です。
いくら凄い実績があったとしても、“そうなりたい!”とか、“凄い!”と思う人がいなければ、それは実績としての効果は持ちません。
その実績がどれぐらいの人に認知をされ、どのくらいの人に求められるのかというのは、重要なポイントと言えるでしょう。
そのためにも、ただ効果だけをアピールするのではなく、セミナーや講座の実績、他メディアでの露出実績などもアピールするようにしましょう。
テーマが、旬だったり、話題性があると、より効果的ですね。

ただ、いくら実績が凄かったとしても、その実績が“あなただからできたこと”“あなたにしかできなこと”だと意味がありません。
実績に求められるのは、再現性です。
あまりに凄すぎる実績を書くよりも、本を読んで再現できる中で一番凄い実績をアピールすることが重要になりますので、注意しましょう。

そして、できる限り、数字を用いてアピールすると、伝わりやすいので、覚えておいてください。

 - 商業出版するために

ad

  関連記事

no image
レシピ本や生活実用書を出版したいと思ったら

まず、最初に、あなたがレシピ本や生活実用書などを出版したと思ったら、出版するのに …

no image
出版を目指すために必要なもの

ブログを通じて、出版を目指すのに必要なもの。 それは、出版時に使う素材の準備です …

no image
出版を目指すための準備

出版をするための準備として、ブログを運営することは大前提。 ブログをしながら、さ …

no image
出版するなら絶対必要な“人気”

もし、無名の著者が出版を目指すのなら、絶対に必要になるのが“人気”です。 人気と …

no image
次に見据えるステージで変わる“コンテンツ”

本を出版する上で、絶対に必要になるのが“コンテンツ”です。 もちろん、出版が決ま …

no image
レシピ本や生活実用書を出版する上で必要な3つの要素

レシピ本や生活実用書を出版しようと思ったら、必要な要素が3つあります。 それは、 …